日本能率協会と共同開発「VR食品安全人材育成ソリューション」を発表

一般社団法人日本能率協会と、当社ジョリーグッドは、共同で「VR食品安全人材育成ソリューション」を開発しました。

「VR食品安全人材育成ソリューション」は、ジョリーグッドのVRxAI人材育成ソリューション「Guru Job VR」をベースに開発されたもので、食品安全分野における国際規格「FSSC22000(Food Safety System Certification 22000)」(※1)の認証機関として国内認証件数No.1の実績を持つ日本能率協会の監修のもと、審査のプロの視点・ノウハウを活かした食品製造事業者への食品安全教育を、高精細VR映像のリアリティとVR空間の行動解析AIエンジンで実現するVR研修ソリューションです。

昨今、食品への異物混入や衛生面での対応、偽装表示などの問題から、食の安全に対する意識が高まっています。日本能率協会とジョリーグッドは、本ソリューションを通じて、食品安全分野におけるVR教育・研修の普及を目指していきます。

 

異物混入!食中毒!食品工場で起きるリスクへの対応をVRで体感!

 

(※1)FSSC22000
HACCP(※2)、ISO22000(HACCPの運用を内部監査やレビューを通じて管理する国際規格)をベースに、より具体的・確実に食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム。世界規模で食品安全レベルを一定以上に確保することを目的としており、食品メーカーでの認証取得が進んでいます。

(※2)HACCP
食品の製造から出荷までの安全を工程ごとに管理する現場管理の手法

プレスリリースはこちら

<メディア掲載>